賃貸生活をお得に始める

>

賃貸生活のメリット・デメリット

賃貸の種類

マンションは3階建て以上の鉄筋コンクリート、アパート・コーポ・ハイツは木造・軽鉄骨の2階建てです。連続式住宅はテラスハウスです。貸家は一戸建ての賃貸住宅です。基本初期費用が必要となる事が多いので確認しましょう。物件によっては必要ない初期費用があります。
公団住宅は自治体・都市整備公団が管理して、敷金・低価格な家賃のみです。
最近人気なのがマンスリー・ウィ―クリーは初期費用不要で期間限定なので隣人トラブルを避けられます。生活必需品付きです。期間限定なので安い価格で借りれます。
デザイナーズマンションは建築デザイナーのプロデュースなので一般マンションより総合的に割高です。お洒落な物件が多く人気があります。

基本的な初期費用

意外に見落としがちなのが入居に必要な初期費用です。
敷金は退去時にハウスクリーニング・修繕費に使われる事が多くあります。多くが敷金で賄えます。不足分は後日請求があります。
礼金は家主に払うお礼金です。敷金・礼金は家賃の1から2カ月が多くあります。敷金・礼金がなしもあるので、退去時のハウスクリーニングなど確認しておくと安心です。
仲介手数料は物件を仲介する不動産会社に支払います。自社の物件は仲介手数料がいりません。
管理費は共有部分の管理に使われます。修繕、エントランス・ゴミ集積所掃除などです。
保証料は保証人を必要とする保証会社利用に支払います。家賃1か月分が多くあります。
保険は火災保険・建物共済などです。家事・水漏れ・雨漏り・鍵破損などを保証します。
更新手数料は2年ごとに更新・家賃1か月分支払いが多くあります。入居時に支払いませんが、更新月意外に忘れがちなので確認しておくと慌てず準備できます。


この記事をシェアする