賃貸生活をお得に始める

>

賃貸価格のポイントで家賃交渉

家賃価格の決め手

立地は交通の便・駅からの距離です。急行・快速が停車する駅は通勤・通学に便利です。駅から徒歩10分を超えると家賃が変わってくると言われます。
築年数は新築から築5年以内は築浅でまだ真新しさが残ります。築10年以上になると家賃が下がってきます。築10年以上でもリフォームして入居する人もいます。
広さ・間取りは家賃に影響します。専有面積が広くなると家賃が上がります。バス・トイレ別のセパレートは面積が必要になるのでユニットバスより高くなります。
建物構造の鉄筋・コンクリートは耐火・断熱・遮音性に優れます。丈夫に出来ていて高いコストです。木造・軽鉄骨は耐火・断熱・遮音が劣ります。コストが安いので生活音が気にならないひとにお薦めです。
設備はオートロック・女性限定・オール電化・クローゼット・ベランダなどです。

家賃交渉で値引き

相場は周辺エリアの家賃相場です。賃料/専有面積で1平方メートルの賃料で比較できます。
長期空室は大家さんは家賃収入がありません。大家さんは家賃収入の為になるべく空室にしたくないので家賃を下げます。
立地は駅からバス移動・徒歩10分以上かかると交通機関・駅から不便となります。
マンションよりアパートは建築コストが安いので家賃が安めに設定されてます。
訳ありは日当たりがあまり良くない・騒音・1階・近くにお墓がある・シャワーのみ・浴室なし・ベランダなし・収納が少ないなど、揃ってるといいなと思う設備がなかったり防犯・周辺環境が思わしくないです。
便利に使えたり安心して住みたいです。マイナスと思われる事を出して見ると値引き対象の可能性になります。


この記事をシェアする